ここから本文です。

広域連合の概要

広域連合長あいさつ

広域連合長の写真 北海道後期高齢者医療広域連合長の高橋定敏でございます。
 当広域連合の運営につきましては、日頃より格別なるご理解とご協力をいただき、厚くお礼申し上げます。
 後期高齢者医療制度は、将来にわたり国民皆保険を守り、高齢者の皆様が安心して医療を受けられるよう国民全体で支えあうしくみとして、平成20年4月に発足し、以来、道内全ての市町村で組織された当広域連合により運営されております。
 本制度は、廃止を含めそのあり方が検討されてきたところですが、平成25年に国の社会保障制度改革国民会議において、「現行制度を基本としながら、実施状況等を踏まえ、必要な改善を行っていくことが適当」との報告がまとめられ、制度継続の方向が明確に示されたところです。
 当広域連合におきましては、引き続き社会保障制度を巡る動向に十分留意しながら、北海道にお住まいの高齢者の皆様が安心して必要な医療を受けられるよう、道内179市町村と緊密に連携し、全力で制度運営に取り組んでまいりますので、今後とも皆様のご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

北海道後期高齢者医療広域連合 高橋 定敏(留萌市長)

ここからサブメニュー

  • 市区町村のみなさまへ
  • 事業者のみなさまへ

サブメニューここまで

本文ここまで

ここからフッターメニュー