ここから本文です。

現在のページ

医療制度・保健事業

データヘルスの推進に関する協定の締結

「健康寿命延伸に関する連携」協定

北海道後期高齢者医療広域連合、地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター及びみずほ情報総研株式会社は、北海道における後期高齢者医療制度被保険者の健康寿命延伸を通じた北海道の一層の発展と飛躍を目指し、令和2年3月27日付けで「『北海道における後期高齢者医療制度被保険者の健康寿命延伸に関する連携』にかかる協定」を締結いたしました。

連携の内容

  • 被保険者のフレイル対策に関する事項
  • 被保険者の糖尿病をはじめとした生活習慣病重症化予防に関する事項
  • 被保険者の歯科口腔衛生の向上に関する事項

「健康格差の縮小に関する連携」協定

北海道後期高齢者医療広域連合と一般社団法人日本老年学的評価研究機構は、北海道における高齢者の保健事業と介護予防等の一体型施策の推進や事業の実施、保健・医療・介護情報の分析や社会疫学的研究等により、健康格差の縮小を通じた北海道の一層の発展と飛躍を目指し、令和2年4月1日付けで「『北海道における高齢者の保健・介護一体型施策推進による健康格差の縮小に関する連携』に係る協定」を締結いたしました

連携の内容

  • 北海道の後期高齢者医療に係る国保データベース(KDB)システムデータの収集、分析等に関する事項
  • 北海道内市町村における高齢者の保健事業と介護予防等の一体型施策の推進による地域づくり・まちづくり、一体型事業の実施及び効果検証に関する事項
  • 北海道における高齢者の健康格差縮小に向けた社会疫学的研究、取組等に関する事項

本文ここまで

ここからフッターメニュー