ここから本文です。

医療制度・保健事業

被保険者について

被保険者は、次の方々が対象です。

75歳以上の方
(75歳の誕生日から加入。手続きは、必要ありません。)

65歳~74歳で一定の障がいのある方
(申請し広域連合の認定を受けた日から加入。)
※後期高齢者医療制度に加入しなかったときは、各市町村が行う重度心身障害者医療費助成制度の対象とならなくなることがあります。

生活保護を受給されている方など適用除外の要件に該当するときは、被保険者となりません。

一定の障がいのある方とは?

障害基礎年金1、2級を受給している方(国民年金以外の障害年金受給者については個別にお問い合わせください。)身体障害者手帳の1級~3級と4級の一部の方、精神障害者保健福祉手帳の1、2級の方、療育手帳のA(重度)の方になります。具体的には、次のとおりです。
  1. 両眼の視力の和が0.08以下の方
  2. 両耳の聴力損失が90デシベル以上の方
  3. 平衡機能に著しい障がいを有する方
  4. そしゃくの機能を欠く方
  5. 音声又は言語機能に著しい障がいを有する方
  6. 両上肢のおや指及びひとさし指又は中指を欠く方
  7. 両上肢のおや指及びひとさし指又は中指の機能に著しい障がいを有する方
  8. 一上肢の機能に著しい障がいを有する方
  9. 一上肢のすべての指を欠く方
  10. 一上肢のすべての指の機能に著しい障がいを有する方
  11. 両下肢のすべての指を欠く方
  12. 一下肢の機能に著しい障がいを有する方
  13. 一下肢の足関節以上を欠く方
  14. 体幹の機能に歩くことができない程度の障がいを有する方
  15. (1)から(14)までに掲げる方のほか、身体の機能の障がい又は長期にわたる安静を必要とする病状が(1)から(14)までと同程度以上と認められる状態であって、日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を加えることを必要とする程度の方
  16. 精神の障がいであって、(1)から(15)までと同程度以上と認められる程度の方
  17. 身体の機能の障がい若しくは病状又は精神の障がいが重複する場合であって、その状態が(1)から(16)までと同程度以上と認められる程度の方

適用除外とは?

次に該当する方が、適用除外となります。
  • 生活保護を受給している方
  • 日本国籍がない方で、中長期在留者、特別永住者、一時庇護許可者、出生又は国籍喪失による経過滞在者以外の方
  • 日本国籍がない方で、病院等に入院し疾病又は傷害について医療を受ける方及びこれらの方の日常生活上の世話をする方
  • ハンセン病療養所に入所している方及びらい予防法の廃止に関する法律第6条の規定による援護を受けている方
  • 中国残留邦人等に対する支援を受給している方
  • 日本国籍がない方で、1年を超えない期間滞在し、観光、保養目的として在留する方

本文ここまで

ここからフッターメニュー