ここから本文です。

現在のページ

マイナンバーカードについて

マイナンバーカードが健康保険証として利用できるようになります

 マイナンバーカードが健康保険証として順次利用できるようになります。
 マイナンバーカードで受診すると、限度額適用認定証を病院等に持参する必要がなくなるほか、引っ越しをしても保険証の切替えを待つことなく受診できます(自治体独自の医療費助成等については書類の持参が必要です)。なお、保険証はこれまでどおりお使いいただけます。

pdf (1.5MB)
pdf (1,009.7KB)

利用するには、事前にマイナポータルで申込みが必要です。

  • ​マイナンバーカードを健康保険証として利用するためには、まず、マイナンバーカードを取得し、マイナポータルで健康保険証利用の申し込みをする必要があります。
    マイナポータルサイトはこちらから
  • 健康保険証利用の申込みやマイナンバーカードについてのお問い合わせ先
    →マイナンバー総合フリーダイヤル(0120-95-0178)

カードリーダーが設置されている病院等で利用が可能です。

厚生労働省・社会保険診療報酬支払基金のホームページに、マイナンバーカードが健康保険証として使える医療機関・薬局の一覧が掲載される予定です。また、当該医療機関・薬局においても、マイナンバーカードが健康保険証として使えることがわかるよう、ポスター等が院内等に掲示される予定です。
 ※カードリーダーが設置されていない病院等では、保険証が必要となりますのでご注意ください。
  
(ポスター等の見本はpdf こちら (348.5KB)から)

マイナンバー(12桁の番号)は使いません。

マイナンバーカードのICチップを利用して個人を識別します。このICチップの中には、マイナンバー(12桁の番号)や保険証の情報が入ることはありません。

病院等の職員がマイナンバーカードを預かることはありません。

マイナンバーカードを窓口に設置してあるカードリーダーで読み取るため、病院等の職員がマイナンバーカードを預かることはありません。

外部リンク

 厚生労働省ホームページ

お問い合わせ先

 マイナンバー総合フリーダイヤル(0120-95-0178)
Get Acrobat Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、"Get Adobe Reader"アイコンをクリックしてください。

ここからサブメニュー

  • 市区町村のみなさまへ
  • 事業者のみなさまへ

サブメニューここまで

本文ここまで

ここからフッターメニュー