ここから本文です。

現在のページ

医療制度・保健事業

医療費通知について

医療費通知を全受診者に送付します

 被保険者皆様の医療費総額などについてお知らせする「後期高齢者医療に係る医療費通知」を年2回、対象期間に医療機関等を受診した全ての被保険者の皆様へ送付しています。
 これは、医療機関の窓口でお支払いいただいた自己負担分を除いた医療費は、後期高齢者医療制度から支払われていることを理解していただき、健康管理の重要性及び医療に対する認識を深めていただくことで後期高齢者医療制度の健全な運営、ひいては被保険者の皆様の負担軽減を図ることを目的としています。
 

医療費通知とは

○半年ごと(1~6月、7~12月)に医療機関等で診療を受けた際にかかった医療費の額をとりまと
 め、毎年9月と3月にハガキで通知します。
○受診年月、診療を受けた医療機関名、診療区分、日数、医療費の総額(10割の金額で表示)、
 自己負担額が一覧で記載されています。
○診療を受けた記録がない場合は発行されません。
  
発送月 診療月
9月 1月~6月
3月 7月~12月
 

医療費通知の活用例

○医療費の推移が一目で把握でき、御自身の健康状況の把握や健康管理に活用できます。
○健康診査など皆様の健康の保持・増進に役立つ情報をお知らせします。
○診療日数等に間違いがないか確認しましょう。

【イメージ図】

 

注意事項

○この通知は皆様の受診状況についてお知らせするものであり、請求書ではありません。
○特に手続きなど行っていただく必要はありません。
○医療機関等の請求遅れや請求内容を審査中のものなど、一部の受診記録が記載されていない場合が
 あります。
○自己負担額は、市町村等から医療費助成を受けているなど、記載されている金額と実際に窓口で支
 払った金額が異なる場合があります。


 

本文ここまで

ここからフッターメニュー